音楽

ウルフルケイスケの活動休止理由は不仲?ウルフルズ解散の可能性は?

投稿日:

人気バンド・ウルフルズのリーダーである、ウルフルケイスケさんがウルフルズを活動休止することがわかりました。

ウルフルズは去年デビュー25周年を迎えたばかりで、まだまだこれから!というタイミングでの発表にとても驚きました^^;

ウルフルケイスケさんに一体何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

過去にも活動休止していたウルフルズ

ウルフルズは1988年に結成。

1996年には「バンザイ〜好きでよかった〜」や「ガッツだぜ!」がヒットして一気に有名に。

2001年には「明日があるさ」をリリース。

吉本興業のお笑いユニットRe:Japanとコラボして紅白歌合戦に出場し、さらに有名になりました。

このように名曲が多い彼らですが、2009年7月には活動休止を発表。

その時は「少し休みたいから」というのが理由でした。

そして2014年から再び活動開始し、現在に至ります。

 本当は不仲が原因?

2017年で25周年を迎えたウルフルズ。

バンドを長く続けていくためにはたまには2009年の活動休止時のように「少し休みたい」という気持ちが出てもおかしくはないですね。

しかし、2009年の活動休止の本当の理由は、メンバーの不仲なのではないかという噂が出ていました。

メンバーのトータス松本さんは音楽以外に俳優としても活動し、さらにCM出演もしているため、年収は1億円はあると言われています。

そこでトータス松本さんと他メンバーとの間で収入格差が起きて、他のメンバーが不満に思ったり、メンバー間で意識のズレが生じたのが、活休するきっかけだったのではと言われています。

そして今回ウルフルケイスケさんが活動休止する理由は「ソロ活動に専念したいから」と発表されていますが、

本当は前回の活休時に噂されていた「収入格差からのメンバー同士の不仲説」がまた当てはまるのではないかと思います。

近年のウルフルズは、全盛期に比べるとこれといったヒット曲が生まれていないということが、ウルフルズとして活動していく際にウルフルケイスケさんはモチベーションが上がらなかったのではないでしょうか。

なので、バンドよりも活動の自由度があるソロで一気に収入面を上げ、もっと活躍の幅を広げていこうと考えたのかもしれません。

スポンサーリンク

ウルフルズ解散の可能性は?

ウルフルケイスケさんが活動休止し、ウルフルズは今後残りの3人のメンバーで活動していくことが発表されていますが、今回の件の影響でバンドが解散してしまう可能性はあるのでしょうか?

私は、ウルフルズの解散は十分に考えられると思っています。

可能性としてはかなり高いのではないでしょうか。

やっぱり全盛期に比べるとウルフルズは近年これといったヒット曲が出ていないし、バンドを長く活動していたらメンバー同士で方向性の違いなどが出てくるのも、ある意味自然なことと思います。

しかもウルフルケイスケさんはバンドのリーダーなので、リーダーが一時的にでも抜けるというのは、もはや解散を意味しているといっても大げさではないような気がしますね。

今後もウルフルズと、ウルフルケイスケさんの活動に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

パンダライオンが作った羽生結弦の応援歌が泣けるけど売名の噂は?

平昌五輪の羽生選手の演技、ショートもフリーもとても素晴らしかったですね! 氷上を滑る音ですら耳に心地よくて、ジャンブも安定していてとてもかっこよかったです^^ そんな最高の演技を見せてくれた羽生選手と …