プラマイ:松本潤のすべて

プラマイ:松本潤のすべて

松本潤の最も魅力的な役の一つである松本潤を知る前から聞いたことがある、あるいは恋に落ちたことがある人もいるでしょう。彼は日本のドラマで彼の役ですべての女の子を虜にしたハートロブであることは言うまでもありませんが、日本で最も有能な独身男性です。もしあなたが今まで彼のことを聞いたことがないのなら、今こそ彼のことを知る時かもしれません。

松本潤(まつもとじゅん)は、日本のアイドル、モデル、司会者、ダンサー、世界的に有名な俳優です。芸能界での活動は多岐にわたります。そんな多才な若手俳優であり、世間一般の人が彼に気づかないわけがありませんでした。俳優になるずっと前の若い頃から、その美貌と才能、そして人柄の良さから、松本潤はすでに多くの人を魅了しています。

松本潤さんが芸能界でのキャリアをスタートさせたのは、1996年にジャニーズの有名タレント事務所「ジャニーズ&アソシエイツ」と契約した12歳の時でした。舞台俳優としてスタートした彼は、嵐というボーイズグループのアイドルとしてのキャリアを歩んできました。

アイドル時代には俳優としての活動を再開し、テレビ番組に出演するなど、型破りな役柄で知られるようになりました。彼のキャラクターを見事に表現し、その俗物的な悪ガキぶりは、日本のみならず世界中の何百万人ものファンの心を掴んだ。日本のドラマ界のプリンスと呼ばれた。

若くして脚光を浴びるようになったかもしれませんが、松潤はそれを忘れることはありませんでした。子供の頃と変わらぬ愛すべき人物であり、ファンに敬意を持って接していました。今までにない松本潤を知ることができます。プラマイと一緒に彼の人生とキャリアを探ってみましょう

生い立ちと家族との関係

1983年8月30日、東京都豊島区に生まれ、姉の松本恵に続く末っ子として生まれた。彼の出産は、母親にとって容易なものではなかった。淳さんを出産しているときに、母親が閉塞性難産を発症し、淳さんと母親を危険にさらしたのだ。その後、帝王切開での出産となり、母子ともに助かりました。母親は、無事に生まれてきてくれたことをとても感謝していました。

淳の名前は、純(純)という漢字で綴られるはずだった。それは祖母の名前から取った漢字だった。後に両親の考えが変わって、最初の漢字は書きにくいので、潤という漢字を使うことになった。

純さんの両親はプライベートを重視しているため、名前も含めてあまり知られていません。松本潤が世界的に有名になっても、家族のことは一言も出てこない。松本潤は家族のプライバシーを守り、自分のプライバシーも守っているようです。

家族の中でファンに知られているのは姉のめぐみさんだけです。松潤は、名声や世間の目を気にせずに済むように、私生活を舞台上の人物像とは別のものにしたいと考えているようです。また、彼の家族は保守的であることでも知られており、メディアには自分たちの写真を一切公開しません。2人の兄弟の写真だけを公開しているのだ。

しかし、だからといってジュンと妹が両親から疎まれているわけではない。2人の子供たちは、2人の目標を支えてくれる健康的で完全な家庭で育ったのです。また、松潤さんと妹さんは、家族が欧米に製品を輸出する養鶏場を所有しているため、快適な生活を提供されていました。また、楽天ショップにも店舗を構えていると報じられています。

一家に二人しかいない子供である淳は、妹と仲が良い。悩みや心配事はすべて姉に打ち明け、その代わりに姉は松本潤を慰めてくれると言われています。松本潤の姉との距離の近さは、松本潤の人生やキャリアに大きな影響を与えました。実は、松本潤が芸能界に挑戦することになったのも、姉の影響があったのです。めぐみさんは、淳さんが後に契約したジャニーズ事務所Johnny&Associates傘下のKinKi Kidsのファンであることで知られています。

若きエリート

松本潤は、姉のKinKi Kidsへの献身的な姿勢に感化され、ジャニーズ事務所に応募。小学校の卒業式の日に、自分の選んだ道での幸運を願って応募したのだという。それが功を奏したのか、応募書類を送った数週間後には、タレント事務所の社長であるジョニー喜多川から電話がかかってきた。社長は彼の履歴書に感銘を受け、オーディションを受けさせずにリハーサルに招待したのだ。

事務所に合格したという異色の経歴から、ジャニーズ事務所のエリートタレントの一人として知られるようになる。その若さでの活躍がきっかけで、堀越学園に進学。堀越学園は、福田恭子や加藤あいなどジャニーズの人気タレントが通っていた有名な芸能高校である。その後、2002年3月に18歳で高校を卒業。

舞台俳優としての経歴

松本潤が最も早く公の場に姿を現したのは、1997年に上演された舞台「スタンド・バイ・ミー」である。スティーブン・キングの小説「ザ・ボディ」をモチーフにしたアメリカの青春映画「スタンド・バイ・ミー」が原作である。

ジュンは劇中の主人公の一人、テディ・デュシャン役で出演。ここで後のバンドメンバーである相葉雅紀や二宮和也と出会う。劇は大成功を収めたが、その後7年近く舞台に復帰することはなかった。その代わりにバンド活動に専念し、ドラマや映画での活躍が期待されていたが、2004年に再び舞台に復帰した。

しかし、2004年には仲間の大野智、櫻井翔と共に『ウエスト・サイド・ストーリー』の舞台に再登場。その後も舞台俳優としての道を歩み続ける。2005年、『エデンの東』で初主演を務める。続いて2006年には『白夜の女岸』(白騎士のワルキューレ)でも主演を務める。

2011年7月21日、蜷川幸雄演出の『あゝ、荒野』に主演することが発表され、5年間の舞台活動を休止。

音楽活動の経歴

松本潤は、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也とともに、ジャニーズ事務所所属のグループ「嵐」としてデビュー。1999年9月15日にハワイでデビュー。ファーストシングル「A.R.A.S.H.I.」は、日本主催のバレーボールワールドカップのテーマソングにもなった。

日本のテレビ界の中心的存在

松本潤はどの道を選んでも成功していることで知られていますが、松本潤を一躍有名にしたのはテレビ俳優としてのキャリアがあったからです。

松本潤が俳優としてデビューしたのは、1997年に放送されたTBSのスペシャルドラマ「法然草院」でした。その数ヶ月後には、ミステリースリラー『僕らの雪~ミマン・トシ~』に出演し、事務所の先輩であるKinKi Kidsやバンド仲間の相葉雅紀と一緒に森役を演じました。

2001年には『金田一少年の事件簿』シーズン3で金田一役を再演。金田一は2013年にSP化もされたほどの象徴的な役柄だ。当時はテレビ俳優としての松本の名前は知られていませんでしたが、金田一を演じた俳優として多くの人に認知されていました。

2002年、松潤は有名なシリーズ「ごくせん」の沢田心役でブレイク。反抗的で問題児だが頭脳明晰な学生・沢田心を演じ、視聴者の注目を集めました。視聴者の中には、彼の悪ガキっぷりにハマった人も少なくない。彼の才能は第33回テレビドラマアカデミー賞で助演男優賞を受賞した。

しかし、彼のキャリアの中で最も象徴的な役は、2005年のドラマ『花より男子』の道明寺司だろう。F4の事実上のリーダーを完璧に演じ、日本のテレビドラマでの彼の存在感を確固たるものにした。第47回テレビアカデミー賞では助演男優賞を受賞。それだけでなく、この時期に彼のファンは飛躍的に増えていきました。10代のハートフル俳優として知られるようになったのである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *